トリートメントを極めよう

トリートメントの役割は!?

昔から「髪は女の命」と言われるほど、髪は女性の魅力を引き立てる大切な要素です。
髪がツヤツヤでサラサラな人はそれだけでその人の美しさが醸し出されていますよね。

 

一方で、髪がパサパサで乾ききっている人にはどんな印象を持ちますか!?

 

生活感が出ている
生活に潤いがないのかな!?
ヘアケアをしていないの!?
女性としての意識がないのかな!?

 

等々、それぞれ印象は様々ですがポジティブな印象を持つ人はいないですよね。

 

せっかく、肌のケアにこだわったり、綺麗にお化粧をしたりしても髪がパサパサでは台無しです。
女性としての魅力を最大限に引き出すため、ヘアケアにも力を入れましょう。
ここでは、トリートメントについての知識や、効果的なトリートメントの方法、おすすめのトリートメント等、、トリートメントについての全てを紹介したいと思います。

 

あれ・・・もしかして・・・と思ったら不倫調査
パートナーの不審な行動が目に入りませんか?
転職エージェント

 

 

トリートメントの本来の役割はご存知ですか!?
トリートメントの役割を説明する前に、まずリンスとコンディショナーとの違いについて説明しますね。

 

リンス リンスの役割は、簡単に言うと、髪の手触りをよくする為に、髪の表面をコーティングすることです。最近、コンディショナーやトリートメントに比べてリンスを見かけることってほとんどないですよね?昔のシャンプーは髪がゴワゴワになるものが多かったので、シャンプー後の手触りをよくする為にリンスがよく使われていたんですね。でも最近のシャンプーはいろいろ改良されてそこまでコワつくものがなくなったことからリンスの需要が減ってきたようです。
コンディショナー リンスとほぼ同じ役割なのですが、リンスは髪をコーティングするだけなのに対して、コンディショナーは、髪の手触りを良くする上に、髪にハリとコシをもたらす事が出来るのが特徴です。でも、髪の内部にまで浸透して補修する効果はないので、髪のダメージが気になる人はトリートメントが必要になります。

 

この流れで来るともうお分かりだと思いますが、トリートメントの役割は、髪の内部にまで浸透して髪のダメージを補修することなんですね。

 


「髪の内部にまで浸透して髪のダメージを補修する」というトリートメントを使用する目的は1つなのですが、その中にも種類があるので自分に合ったトリートメントを選ぶ際の参考にしてください。
トリートメントには大きく分けると2種類あります。

 

手触り重視タイプ こちらのタイプは、分かりやすく言うと、「ダメージケア兼リンス/コンディショナー」というようにリンスの効果を兼ねているトリートメントです。成分的には、油分が多く配合されていて髪をコーティングして髪にツヤを出したり手触りをよくします。値段の安いトリートメントに多いタイプです。
ダメージケアタイプ

こちらのタイプは、髪につけて時間を置くことで髪のダメージを補修する効果のある成分が配合されています。
髪の手触りは重視していないので、使用した直後には分かりにくいですが、使用していくにつれて徐々に実感できると思います。
高価で、美容院などプロ用として使用されているタイプです。

 

髪はお肌と同じたんぱく質から出来ています。
でも、お肌と違ってターンオーバーがないので、一度ダメージを負った髪は自然の力では復活しないのです。
だから、ダメージヘアはトリートメントで補修するしか方法がないんですね。
このことからも、いかにトリートメントが大切なのかが分かりますよね。

 

大手の転職エージェントを使って転職活動を有利に進めませんか?

 

お肌のタンパク質と言えばムダ毛!
そのムダ毛を脇脱毛で撃退するにはジェイエステなどのエステに通うのが1番です。